エコで、公正な、助け合いのある社会へ!太陽光パネル販売、農業イベント、学習会などを開催しています。

メディア

メディア

動画

2014年8月31日「ダウンシフター高坂勝さん講演 @東京都稲城」


Broadcast live streaming video on Ustream

このイベントの動画をすべて見る

「経済成長より、減速して自分らしく!」

先の見えない時代で、非正規雇用では結婚も子供も難しい時代であります。
かといって、正社員なら、厳しい生活を強いられ、道徳感や法律まで犯すことも含め、社会をよくしないことを求められたりします。

また近年のマネー資本主義とグローバル化の弊害で、原子力、温暖化、地方の衰退、格差問題ひいては少子高齢化など様々な問題がおきています。

そこで経済成長が必要という固定概念から解放されて、そこで定常型のエコで自然と共生して、社会も人も犠牲にしない、自分に嘘をつかない、地に足の着いた生き方や仕事 ダウンシフターがあります。減速するのみでなく、自分らしさを発揮して、助け合いながら、希望を持てる明日を作っていけます。

日本での提唱者であり、実践者である高坂勝さんに、その思いや活動を熱く語っていただきます。無料動画サイトUstreamでも講演や質疑応答などを放送します。

8月31日(日)13時から16時まで 
第一部
高坂さん講演
第二部 
稲城などの活動紹介

第三部
会場との質疑応答

その後任意で懇親会

高坂勝さん プロフィール
1970年 横浜生まれ。
大卒後に勤めた大手企業を30歳で退社。
地球ひとまわりと日本各地の旅に出た後、金沢で料理を学ぶ傍ら、様々な社会的アクションを始める。
2004年に開催されたインド世界社会フォーラムに参加。
帰国後、池袋に6,6坪の小さなオーガニックバー「たまにはTSUKIでも眺めましょ」OPEN.
2007年、原発沿いに木を植えながら歩く{WALK9}の事務局を勤める。
最小力で最大の社会変革を目指す。
ビジネス&ライフスタイルの実践とそのアウトプットを楽しんでいる。
2009年より千葉にて米と大豆を自給する。
半農半「飲みやのオヤジ」
緑の党の初代共同代表の一人を勤めた。
著書 「減速して自由に生きる ダウンシフターズ(幻冬舎/筑摩書房)にて生き方、社会、企業、経済のダウンシフトを発信している。
NPO SOSA PROJECTを立ち上げ、個人の自給を拡げている。

主催
里山人本主義
共催 社会企業 エコフェアネットワーク
http://eco-fair.net/

イベントに来られる方は、こちらで確認してご来場ください。

参加費は資料代として1,000円 
懇親会は集まり状況によって別途料金で、おそらく1,000円から2,000円まで位です。(稲城の地場の野菜やオーガニックなお酒などで、行います。)

場所
地域振興プラザ 稲城 4階 中会議室
東京都稲城市東長沼2112番地の1
地図
https://www.google.co.jp/maps/preview?q=東京都稲城市東長沼2112番地1&ie=UTF-8&ei=Q8XYU8KdPJDz8QWwsYLgDg&ved=0CAYQ_AUoAQ
京王相模原線稲城駅 徒歩10分
南武線稲城長沼駅から徒歩15分

連絡先
もし会場に来られる方は、お名前と当日やりとりができる連絡先を知らせてください。
ecofairnet@gmail.com
090-3963-9265

2014年1月22日 「環境ビジネスとノマド勉強会」


Video streaming by Ustream

このイベントの動画をすべて見る


[転送・転載歓迎]

「ノマド」についての動画は、音声がそのままでてご覧頂けます。
しかし「環境ビジネス」の音声は、始まるまでの準備期間8分は音声がありませんが、8分00秒からちゃんと始まります。

よかったら、ぜひご覧ください。よろしくお願いいたします。

勉強会の内容

「現在の刹那的な閉塞感のある日本の社会の状況で、本当に21世紀型のイノベーションである環境ビジネスのあり方について学びます。
再生エネルギーの全量固定買取制度などの法制度ができてきていますが、非正規労働でなかなか先の見えない主に若者も多く、また現状の日本の諸地域は過疎化、高齢化、これからのTPPでますます難しい時代になります。

そこで自然エネルギーなどの環境ビジネスが、希望ある雇用を生み、地域活性化の大きな可能性を秘めています。
「里山資本主義」、「環境経済学」、「環境金融論」、「スモールイズビューティフル」、「自然資本の経済」などの環境ビジネスの名著を元に学び、あるべきあり方を考えていきたいです。

それと共に非正規労働者が増える現代に可能性を示す「ノマド」(遊牧民的な自営業)、今はインターネットで自営の可能性が増しています。
そこで自営業を行う上でのパーソナルブランド、ITの活用法、熱意の持ち方、保ち方、会計などをお伝えします。」

2013年3月30日 「脱原発ゼロノミクスカフェ」


Video streaming by Ustream

このイベントの動画をすべて見る



原発ゼロノミクスカフェ(竹村英明、杉原浩司、村松まさみ)

東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/緑の党 Greens Japan)です。
[転送・転載歓迎]

この後、30日(土)14時〜17時に、エコフェアネットワーク主催で、あるべき
原子力政策と経済を考え、参加者と自由に話し合う原発ゼロノミクスカフェ
が行われます。

前半は脱原発とエネルギーシフトについて、後半は参院選についても話し
合う予定です。ご関心のある方はぜひUstream中継をご覧ください。


脱原発を求めるeシフトに参加する竹村英明さんや、緑の党の脱原発担当
の杉原浩司さん、緑の党の市議会議員の村松まさみさんなどをお招きして、
Ustreamにて同時中継します。よろしければ中継をご覧になってください。

【Ustream中継はこちらから】
http://www.ustream.tv/channel/eco-fair-network

詳細 
3.11の福島原発事故以来、今までの原子力政策のずさんさや、その危険性
が明らかになり国民の間で多くの何万人、何十万人ものデモや、政府による
パブリックコメントや討論会で、国民の7割が即廃炉を希望していることがは
っきりしました。その事で当時与党の民主党政権は2030年代原発ゼロを審
議会で決定し、定めました。しかし、自民党が与党になり安倍政権が誕生す
ると、国民との信託を無視して原子力施設のさらなる再稼動を行う姿勢でい
ます。

今世の中は安倍政権への支持率が65%とアベノミクスに高揚している状態
ですが、その影で原子力の再稼働やエネルギー政策の審議委員から脱原
発を唱える人達をはずし、今年度に改められるエネルギー政策も、持続可
能性を軽視した、経済に重きを置かれた内容になる可能性が高いです。
そこで本来の国民との約束である2030年代原発ゼロを闇に葬らず、直視し、
改めて原子力政策がどうあるべきかを考えて、また原子力を廃炉にしても、
経済の活性化は可能で、もっと人間が幸せになる経済、社会、政治のあり
方も提示して、皆と自由に考えることが目的です。

3月30日(土)午後2時から5時まで

パネラー
竹村英明さん(eシフト、エナジーグリーン株式会社副社長) 
杉原浩司さん(緑の党 Greens Japan・脱原発担当、参院選立候補予定者) 
村松まさみさん(小平市議会議員、緑の党 Greens Japan)

いろいろな原子力問題に詳しかったり、関心がある方
エコフェアネットワークからは小林史晃
会場:自由と生存の家 B102  
東京都新宿愛住町3池田コーポB102


2013年10月24日 「厳しい時代を、前向きに有意義に生きる勉強会」


Video streaming by Ustream

2013年、既に非正規労働者は1800万人を超え、未婚化、少子高齢化、年金不安と、悩み多き時代に突入しています。

この難しい時代に受け身で流される生き方をするのか、それとも自分の目標をしっかり持ち、充実感ある前向きな生き方をするのか。
前者になるか、後者になるかによって,格差の広がりや、ひいては生き抜けるか、人生の充実度も大きく違ってくると思います。

そこでこの度エコフェアネットワークは、塾講師をされている加藤さんと共同で勉強会を行います。

加藤さんは高校時代に成績不振や人間関係でつまずいて不登校・ひきこもりになっていたこともありましたが、ふとしたきっかけで、自分でもできるという実感を持ち、それから一念発起して勉強につとめ大学を卒業し、現在は塾講師として子どもの自己実現を応援しています。

また私自身もなかなか学校になじめず、メンタルの問題に悩み、大学を出ても転職を繰り返し、いわゆるニートの様な状態で、うっ屈した日々を送っていました。
しかし多くの実学の本を読み、思想や行動面などで試行錯誤を重ね、今はエコフェアネットワークを起業し、アルバイトをしつつ、同じ様な境遇の方達を行政や協同組合と連携してサポートしたり、自分なりに充実した日々を送れるようになりました。

私達に共通するのは、ものすごい量の自己啓発書や心理学やビジネス書などを読み、その知識が豊富にあることを基に人生で切磋琢磨してきたことかと思います。

私達の体験や多くの実学の知識などを基に皆さんが、今の時代に求められる生き方や働き方を考えながら、自分の目標をしっかり持ち、それを達成する方法をお伝えします。

10月24日(木)19時から21時まで (任意で交流会の可能性あり)

場所 自由と生存の家B102
(この家は反格差運動の一環として、2008年に年越し派遣村が話題になった時に、派遣切りや寮を追い出された人達へ、格安で住居を提供している社会企業のシェアハウスです。)

東京都新宿区愛住町3池田コーポB102

参加費500円 任意での寄付金も募集しております。
希望の方には、この勉強会は動画にとりますので、それを焼いたDVDを一枚500円でも販売いたします。参加希望の方やDVDを買いたい方は、下記の連絡先まで、名前と連絡先をお知らせください。


電子ブック

新エネルギーに関する電子書籍を公開予定です。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional